2016年01月06日

【格安交通】台湾のタクシーって安すぎじゃない?初乗りの料金が約250円!

 IMG_20160107_000118.jpg

台湾旅行へ行く際はタクシーでの移動を考えていますか? 

 台湾を旅する際に確実に目的地に到着する手段としてタクシーが有効です。MRTはとても便利ですが、タクシーを利用しないと行きにくいところもあります。



台湾のタクシーの特徴

・車体は黄色が多い
・屋根に「計程車」か「出程汽車」の文字の標識を載せている。
・日本に比べて料金が安い




乗車方法

1 片手を前に出して停める
 空車は、日本と同様に赤で「空車」と表示されている。

2 ドアを開ける(自分でドアを開閉する)
 ドアは自動開閉ではなく、車が停まったら自分で開けなければならない

3 行き先を伝える
 日本語、英語はあまり通じないので、行き先の名称や住所を紙に書いて渡すとよい。

台湾では後部座席のシートベルトの着用が義務づけられている
降車時にドアを閉め忘れないように。(日本人の閉め忘れが多い)




料金

日本と同じようにメーター制で初乗りは70元

1元は約3.6円なので日本円で70×3.6=252円 

250mごとに5元ずつ加算される。チップは不要。

トランクに荷物を積む場合は原則として10元加算されるが、取らない運転手もいる。




夜間料金

 夜間(23:00〜翌6:00)は料金が20元加算されるので、下車時にメーター表示された金額に20元加算された額を払う。




タクシー利用の際の注意

1 できるだけきれいな車を選ぶ
 きれいな車ほどぼらないし、安全運転をする傾向がある。

2 乗車した時にメーターが70元からスタートされているか確認
 メーターを表示していなかったり、運転者の様子に不審な点があればすぐに降りるように。

3 深夜の利用や女性ひとりの利用はなるべく避ける

4 空港や観光地で客待ちをしているタクシーには悪質な運転手がいるので注意
 台湾だけではなく他の国でも気を付けること。




万が一、タクシーでトラブルが発生した場合

 タクシーの前部座席前に営業許可書が必ず置いてあるので、何かあったら名前と番号を記録して下記のいずれかに訴えましょう。

台北市政府交通局 TEL:2725-6888
台北市警察局外事服務站 TEL:2556-6007(24時間。日本語可)





以上で台湾のタクシーの説明を終わります。


台湾に旅行する際は是非タクシーを利用してみてください(^-^)



オススメの記事
携帯会社が教えてくれない海外旅行でスマホを無料で使うテクニック
海外旅行では常に警戒を怠るな!嫌な思いをしないための盗難対策
これを利用すれば簡単に予約できる!航空券、ホテルのオススメ格安予約サイト
まだ公共の交通機関なんて使ってるの?交通費を抑える格安旅行テクニック!

広告



posted by さゆり at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432208828

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク